営業品目

Items

斜面対策工(土留・山腹工)

Geoベルト日鉄建材(株)

「帯状法面材」と呼ぶ、高い引張強度を有するアラミド繊維混入のグリッド状織物ベルトを格子状に敷設して、斜面の安定化を図る抑制工です。高耐侯性をもつ被覆金網と併用して、法面・斜面の表層侵食防止をはじめ崩壊後斜面の安定化及び、切土・盛土法面の安定化などに適用できます。
特長
①格子状の帯部を含め全面緑化が可能であることから、周辺環境に馴染み、優れた環境性・景観性を発揮します。併用される緑化工には「植生シート敷設」「厚層基材吹付」等があります。

②使用する各部材は軽量であるため、危険を伴う法面・斜面上での作業者の安全性向上および作業性向上に貢献します。また、工期も短期間での施工が可能で、施工中の現場周辺環境への負担も最小限に抑える事が可能です。

③従来の対策工法(現場吹付法枠工、モルタル吹付工、簡易法枠工等)では吹付機械による、材料の圧送が必要で、比較的広めの作業ヤード、及び機材の搬入・運搬路の確保が必要となります。本工法は吹付機械を必要としていないので、狭い作業ヤード、搬入路等の厳しい施工条件での施工を可能にします。

ノンフレーム工法日鉄建材(株)

長さ3~5m程度のロックボルトと支圧板を2mピッチに千鳥状に打設配置し、頭部をワイヤーロープにより連結することで、斜面を安定化します。
特長
①施工後も、施工前の自然環境・景観を残すことができます。

②樹木伐採、法面整形、植生工が不要ですので、コスト縮減・工期短縮ができます。

③使用材料や施工機械が軽量で取扱が容易なことから、従来技術では対応困難であった狭隘(きょうあい)な現場でも施工できます。

カゴ枠日鉄建材(株)

丸鋼を主材とした枠組に、直角に折り曲げた溶接金網を取り付けた軽量シンプルな構造で、現地土砂を充填締め固めて組み立てたものです。山腹工、護岸工、林道の法面保護など広範な使用が可能です。
特長
①丸鋼の枠組みに溶接金網を取り付けるだけの軽量シンプルな構造で、ワンタッチで組立できます。

②中詰めに現地土砂が活用できます。

③直線・曲線の配列も自由にでき、また、施工が極めて簡単なので工期短縮が図れます。

④植生シートによる緑化が可能であり、自然環境保護にも効果的です。

⑤各種土留工などの主用途の他に、山腹工や護岸工など、治山、砂防、林道などに広範な使用ができます。

大型カゴ枠日鉄建材(株)

山形鋼を主材とした枠組みに、丸鋼で補強した溶接金網を取り付けた枠構造で、割栗石を中詰めにして組み立てたものです。土留工、よう壁工の他に護岸工、小規模なえん堤など広範な用途に適しています。
特長
①山形鋼の枠組みに丸鋼で補強した溶接金網の枠構造で、簡単に組み立てができます。

②部材はすべて規格化されている上に軽量なので運搬にも便利、施工も簡単です。

③中詰めは機械施工もできますので、大幅な工期の短縮が可能です。

④中詰材には割栗石などを使用しているので、透水性及び浄化性に優れ、法面の安定や地盤の改良などに効果的です。
※土砂詰めタイプでは、現地発生土の使用が可能です。

鉄壁ウォール日鉄建材(株)

擁壁背面の岩盤にアンカー止めした鋼製のTP パネルをエキスパンドメタルで連結して構築するもたれ式擁壁で、上部に落石防止壁の設置やノンフレーム工法を採用することで、より効果的となります。民家裏など資材や大型施工機器の搬入、使用が困難となる狭小な空間でも構築可能です。
特長
①掘削量、伐採木等が少なく、現地発生土砂を壁面材の裏込材として利用できます。

②掘削による地山の緩みを極力防ぐことができます。

③局地的な地形、地質の変化に容易に対応することができ、曲線が自由にできます。

④鋼製部材が軽量で人力での運搬が可能です。

⑤取扱い、組み立てが容易で工期の短縮と省力が可能です。

⑥壁面を緑化できますので、景観性に優れています。

河川鋼製護岸枠日鉄建材(株)

鋼材(形鋼)で形成した枠の中に詰石をして護岸を構成するものです。基礎や積み上げの方式により「根固型」「突込型」「段積型」があり、河川上流域の護岸や地すべり地域における「流路工」などに適しています。
特長
①鋼材を使用していますので、従来のカゴ系の護岸に比べ、強い強度をもっています。

②自在性がありますので、基礎地盤に対する適応性が高い製品です。

③連続一体型構造であるため、多少の変形を起こした場合でも護岸の機能が損なわれることがありません。

④急勾配対応が可能です。(30%勾配までの実績があります)